フリーランサーは自らが税務署に赴いて確定申告を行わなければなりません。税金は所得税と住民税、さらには国民健康保険料を合わせるとかなりの額になってしまうものです。少しでも税金の額を減らして手取り額を増やしたいのなら、青色申告をするのが妥当です。

青色申告とは、65万円の青色申告特別控除を受けることのできる申請方法であって、白色申告よりか税金の額が減らせるので便利です。

確定申告をするときに覚えておかなくてはならないことが、各種社会保険料はほとんどすべて控除に使えるということです。国民年金保険料などは全額控除扱いになりますし、家族がいるのであればその家族の分を支払っても控除になるのです。したがって、普通でも十数万円、兄弟がいて兄弟の分まで年金を払っているのであれば数十万円は年収から差し引いて申請することができるのです。

これは節税の面でかなり大きな効果がありますから、忘れないように記入しておく必要があります。その際は、きちんと領収書を保管しておかなくてはなりません。
白色申告でも記帳義務が発生していますから、白色申告をするメリットというものはすでになくなっています。青色で申告をするためにはまずは事前に申し込みをしておく必要がありますから、期限までに忘れないようにしておきましょう。

分からないことがあれば、税務署がいつでも相談に乗ってくれます。税理士の先生にすべておまかせするというのもひとつの手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です