システム開発を主体としたフリーランスを行うのは一般的には激務になります。何かに特化してしまえば比較的楽な仕事内容に落ち着くことができるかもしれませんが、フリーランサーとしてIT業界で生きていくためには幅広い依頼を受けられるようにして行くことが重要であり、この程度の幅の広さの仕事を請け負えることが重要になります。

しかし、現実問題として依頼主の発案に対して、SEとプログラマの仕事を両方こなせるようになれればそれだけ信頼を受けて依頼を受けやすくなります。この両方の経験を積んだ上でフリーランスを始める決意をするのは得策と言えるでしょう。あるいは両方が好きだからという理由でフリーランスを目指すというのも良いことかもしれません。

実際にはプロジェクトマネージャーとしての役割も果たさねばならず、1人3役で活動しなければならない激務となりますが、全てを掌握して開発を行うことができることから能力さえあれば企業で複数の人が力を合わせて開発するよりも矛盾なくできる可能性が高まります。

特にSEとプログラマ間の理解の浅さが開発を遅らせることも散見されることから、そういった支障が生じない独立したフリーランサーによる仕事はひとたびその信頼を獲得できれば確実なものとして認識されるでしょう。そうなれば比較的安定して仕事の依頼を受けられるようになり、激務をこなしながらも充実した生活を送れるようになります。全てを一人でできるメリットを生かしたシステム開発を行うことがフリーランサーには大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です